ニュース

ごみ処理装置/ロータリーキルン用テレメーターシステム(無線式温度計測装置)を新製品と
 して開発し、据付〜現地試運転が各焼却場で進んでいます。

LNGポンプ用振動監視装置の新規仕様製品を海外向けとして納入を始めました。

●2006年10月、品質マネジメントシステム「ISO 9001」の認証登録を行いました。

●2013年4月、本社と工場を統合しました。

●2013年10月、振動機器寿命診断装置「エルポンドクター」を開発しました。

●2014年7月、ポータブル振動計を復刻しました。

●2015年9月、水素プラント向け振動監視装置の納入実績を掲載しました。

●2015年12月、「平成26年度ものづくり・商業・サービス革新補助金」への採択が決定しました。
 シェールガス向け振動監視装置の研究開発に取り組んでいます。

●2016年6月、「平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」への
 採択が決定しました。液化水素向け振動監視装置の研究開発に取り組んでいます。

●2016年10月、「ガスエネルギー新聞」に当社の記事が掲載されました。

●2016年11月、防爆機器分野の国際的な認証システムであるIECExを取得しました。

●2017年6月、エルポンドクターが採用され、納入しました。

●2017年9月、IECEX製品を掲載しました。

●2017年10月、東京都立産業技術研究センターと高出力高容量金属空気電池の開発を行っています。

●2018年3月、振動検出器、前置増幅器で「安全度水準SIL2認証」を取得しました。

●2018年6月、「平成29年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」への
 採択が決定しました。シェールガス受入開始による振動監視装置増産に取り組んでいます。

●2018年7月、「ガスエネルギー新聞」に当社の記事が掲載されました。


(c)1964-2018 Tokyo Dengyo Engineering Co.,Ltd. All right reserved